「令和」に発展するための新しい形の新入社員研修スタート!

高血圧について

ヒサエ式高血圧改善はオリジナルの、効果的な実践メニューをご用意しております。日本人は高血圧な人が多いと言われていますが、そもそも高血圧とはどのような状態のことを言うのでしょうか。

はじめに血圧とは

血圧は、心臓から送り出された血液が血管の中を通る圧力のことです。この圧力によって血液は動脈を通り、酸素や栄養素などを全身に運びます。そして静脈を通って老廃物を回収し、心臓へと戻ってくる血液循環を繰り返しています。私達の生命維持には、こうしたスムーズな血液循環が欠かせません。

血圧を測定した際に数値が2つ記録されますが、これは心臓の収縮期血圧(最大血圧)と、拡張期血圧(最小血圧)の値を表しています。いわゆる高血圧というのは、安静状態であっても正常値より血圧が高い人のことをいいますが、中には収縮期血圧は正常で拡張期血圧だけが高いという人もいます。
特定健診での基準値は、130/85mmHg以上となっていますが、数値だけに一喜一憂するのではなく、なぜ血圧が高くなっているか、考えることが大事です。

高血圧になると

血圧が高くなると、その圧力に対応しようと血管の壁がどんどん厚くなります。すると血管は狭くなり、より圧力をかけて血液を流そうとするため、頭痛やめまい、耳鳴りといった症状を感じることもあります。それから脳卒中や心筋梗塞、腎不全、心不全、不整脈、動脈瘤などの症状を招いてしまうこともあるのです。

高血圧に悩む多くの方は、頭痛やめまいといった症状を抑えることに一生懸命になりがちですが、ヒサエ式高血圧改善法では、まず身体の声を聴いて、その原因となっている生活習慣から見直していきます。些細な生活習慣の改善によって、心筋梗塞や脳梗塞などの大きな疾患に繋がらないように導きます。

高血圧になる原因とは

血圧が高くなる原因には、環境的なものと遺伝的な要因があります。環境的な要因には塩分の摂りすぎや運動不足、肥満、喫煙、飲酒、ストレスなどが挙げられ、もともと遺伝的な体質で高血圧になりやすい人は遺伝子の影響よりも、こうした環境要因が加わることで発症率が高まると考えられています。

また、女性は男性と比べると高血圧になりにくいと言われていますが、それには女性ホルモンが関係していると考えられており、閉経後には男性と同様に血圧が上がりやすくなるため注意が必要です。

コメント