メンタルヘルスケアを始めよう

メンタルヘルスケアに注目している企業は数多くあります。メンタルヘルス不調になると職場の活気や生産性の低下を招きますから、企業や経営者としては大きな課題の1つでしょう。

そして、過度なストレスを放置することはうつ病になるリスクを高めます。

うつの状態とは

人間には交感神経と副交感神経と呼ばれる自律神経があります。過度のストレスが原因で自律神経が疲労し、疲れが抜けきっていないのがうつの状態です。

疲れたままの状態を放置することで働きが低下したり過敏になったりして、腹痛や頭痛、便秘、不眠といった身体症状として現れてきます。従業員のうつ状態を予防するためにも、企業として取り組みが重要です。

企業ができる取り組みとして

メンタルヘルスケアはいくつかの段階に分かれており、その企業の状態によって対応の仕方は異なります。企業としては社内環境の把握と改善に注目する必要があります。意識して目を向けてみると意外と見えていないことは多いものです。

「従業員がどういったことで悩んでいるのか」問題点を見極めて、仕事量や人材配置の見直しを図る必要があるでしょう。こうした取り組みが職場環境の改善に繋がります。また、自律神経測定や検診、相談窓口など体勢を整えることも大事です。

従業員に対する対応として

メンタルヘルスを指導してくれるセミナーや講演を利用するのも良いでしょう。メンタルヘルスケア対策の1つにストレス予防があります。

「心と体との向き合い方」「リフレッシュ方法」などセルフケアに関する知識が身につくセミナーや講演を取り入れることは、従業員のメンタルヘルスケアとして有効です。

また、セルフケアの知識はビジネスシーンだけではなくプライベートでも活躍してくれます。従業員が生き生きと働けるよう、メンタルヘルスケアのセミナーや講演に目を向けてみませんか。

コメント