新曲を発表致します!「コレステロールのうた」「健康診断のうた」

お薬だけに頼らない気構えは働き方にも大きく影響する

生き方

お薬だけに頼らない。というと、
お薬がダメだ。と捉えてしまう人が多いです。

攻撃の相手をお薬に持っていってしまっているのです。
この薬の副作用のせいで、こうなってしまった。

そういう本もたくさん出ていますね。
確かに副作用は、身体にいろんな症状をもたらすかもしれません。

ですが、飲む側も薬には必ず副作用が必ずある。
という上で飲まなければなりません。

そして薬のせいにする前に、その状態を作ったのは、
殆どの原因は自分の生活習慣からきていることが多いのです。

私が薬局で働いていた時は、
お薬を出してもらいたくて来ている人も多い、と感じました。

14日に一度とか薬がなくなると見えるということは、みなさん、常連さんです。
周りの方とおしゃべりをしている内容を聞いていると、世間話の方が多かったです。

前向きなお話というよりは、年のせいだとか、どこが悪いとか自慢するように話している人もいました。

そういう方々は、やはり、薬が増えていったように思います。
そして自分の生活習慣を振り返ることなく、受け身でした。

薬を飲むことだけで症状を抑えていて、自ら、生活習慣に気を付け、薬が減るように取り組む人は少なかったように思います。

今はその当時よりは、健康に意識する人が増えてきました。
年金も当てにならないし、自分の身体は自分で守る時代になってきたからです。

働く人も、ちゃんと薬の副作用を知り、自分に必要な最低限度のものを飲む。
という気構えで仕事に臨むと、

例えば、集中して時間内に仕事を終わらせて早く帰り、しっかり睡眠を取る。
食べ過ぎたら、胃薬を飲む前にプチ断食をする。

お薬だけに頼らないということは、自分に責任を持ち、自分の力を発揮できるようになります。
結果として、仕事がスムーズに進むようになります。

社員研修に、健康増進の気構えを加えて、会社増進しませんか?

 

 

 

コメント