新曲を発表致します!「コレステロールのうた」「健康診断のうた」

通勤時間!通路で人とぶつからずお腹スッキリになる方法

通勤ラッシュ時間、辛い、いやだと憂鬱に思っていませんか。
地下鉄の通路ではいつも人にぶつかってしまうし、自分は太っているから、よけられない。

右から左から人がたくさん押し寄せてくるようで怖い。
と朝から、通勤の間でストレスをたくさん感じている人も多いことでしょう。

ですが、通勤時間を最高のお腹スッキリの時間にすることが可能です。

ぶつかってしまう人には、ある共通点があります。
身体が丸太のように固まってしまっているのです。

誰かにぶつかったら、押し返してしまおう。
そのような気持ちが伝わってくる人もいます。

身体のせっかくの柔軟性を使っていないのです。
そして前からくる人を怖い顔で凝視しています。

目つきは、穏やかに、前だけを意識するのではなく、四方八方を感じられるようにすることが大切です。

居合の時の姿勢でも、遠山の目付、というのがあります。
一点を見るのではなく、遠くの山を見るように、相手の全体、背後まで全体を視野に入れるということです。

前を凝視しないと、前の人を避けられない。
と思っている人がいるかもしれませんが、そうではありません。

遠山の目付をすることによって、余計な力が抜けます。
そうすると、周りの動きも良く感じられるようになります。

丸太のように、ぶつかってきたら、押し返してしまおう。
という気が起こらなくなります。

余計な力がはいてないので、ぶつかりそうになると
さっと避けることが出来るようになります。

この時、お腹も動くことになります。
普段、お腹を動かすことなく、威張って歩くのでメタボになってしまうのです。

日常生活はお稽古です。
通勤ラッシュの時は、最高のお腹スッキリのお稽古の時間となります。

 

 

コメント