「令和」に発展するための新しい形の新入社員研修スタート!

北海道地震の影響を受けても前向きに考える十勝川温泉に学ぶ

自治体・企業・神社紹介

テレビの報道の影響は大きいものです。
2018年9月6日の北海道地震の影響で、観光地もダメージを受けました。

音更(おとふけ)町の十勝川温泉は、直接の被災地ではなかったのですが、報道で海外からも被災地だと思われてしまい、観光客が減ってしまったようです。

ですが、起こってしまったことをマイナスと捉えるのではなく、思っていることを素直にポスターに表現しています。

「ヒマ過ぎちゃって、サービス向上。」のコピーが書かれています。
料理の仕込み時間なのに、新メニューを考案して試食が止まらない料理人、

空き部屋で英語の勉強を始めた女性客室係員、
浴場の見回りついでに入浴し「美肌実験」を始めてしまった職員、

地震の影響を受けても、前向きな様子が伝わってきます。
この暇な時間を利用して、次の手を考えているのです。

そして、ポスターに載っている人は、各温泉宿の従業員の方でした。
温泉に行くと、お客さんに実際案内をしていたり、すれ違ったりします。

このように、すぐに考えを切り替えることは、身体にも良いのです。
「薬に頼らず コレステロール・中性脂肪を下げる方法」の本でも、居とどまることは流れを悪くすること、と生活習慣病にも影響することをお伝えしています。

十勝川温泉は、かけ流しのモール温泉が多いから、困難なことも受け流して、どんどん新しいことに転換して考えることが出来るのかもしれません。

それだけではなく、健康講演で北海道の自治体に行くと、うつとか心の病はあまり問題視されていません。本州より、そのような病になる方は少ないからだと思います。

広々とした大地がそうさせるのでしょうか。
真っ白い銀世界が心も清々しくさせるのでしょうか。

十勝川温泉、食べ物も美味しいですし、モール温泉は地中深くに眠る太古の植物が地上にやってきます。

ヒマ過ぎちゃって、サービス向上!学ぶべきところが多いのではないでしょうか。

 

コメント