「令和」に発展するための新しい形の新入社員研修スタート!

宮本武蔵の言う大胆かつ細心を仕事中に作る

健康経営

仕事中はどうしても姿勢が悪くなりがちです。
書くことやパソコンに必死になってしまったり、営業で歩く時も重いかばんを持っていると身体に疲れが溜まってしまいます。

仕事が終わってから、ジムに行ったり、リフレッシュの時間を作ることも必要です。
ですが時間が作れない時もあります。

また、仕事が終わってから行くことで、寝不足になってしまうことも考えられます。
ここでも、身体の疲れを取る為に、頑張るということが生じてしまいます。

昔の侍は準備運動をしている暇はありませんでした。
準備運動をしていると、切られてしまうからです。

宮本武蔵は、大胆、細心ということで、自分に秘められた力を最大限に発揮できるということを説いています。

そのような、素晴らしい調え方を、日常生活の中で行ってきたのが日本文化的な調え方です。
現代人もそれを思い出す動きが必要でしょう。

コメント