「令和」に発展するための新しい形の新入社員研修スタート!

エネルギーを消費するための運動から卒業しませんか!

健康経営

冬は運動不足だから、体重が増えてしまい、仕事中も疲れやすい。
という方も多いことと思います。

消費カロリーより、摂取カロリーが上回るから太ってしまう。
それが常識のように思われていますが、

実はそう単純なことではないのです。

身体には、恒常性維持と言って、例えば体温や血圧等もそうですが、
一定に保とうとする働きがあります。

ダイエットで、体重が落ちてくると、あるとこまで行くと落ちにくくなります。
体重が減るのがストップしてしまいます。

それは、どんどん減っていくとからだは、このまま減ると危険だと思って、
減らないように調整するからです。

よって、どんどんエネルギーを消費するように運動をして、食べる量も極端に減らすと、
身体は、身を守るように、体重が減りにくくなります。

また、エネルギーは、運動や食べ物だけで変わるのではなく、新しい細胞に作り変えたり、生まれ変わらせたり、そのような新陳代謝にも使われます。

仕事をしている人が、量を減らす食べ方で、きちんと栄養素が取れない状態で、運動ばかり頑張ると、仕事に集中できないとか、仕事に支障を及ぼしかねません。

仕事中も、運動しなければ、ダイエットしなければと消費エネルギー量のことばかりに捉われていては、仕事に元気に向えるからだ作りはできません。

中から活力が湧いてきて、そして身体もスッキリ!
新陳代謝の良くなる動き方の為に、本来の武道の身体の使い方を取りいれてお伝えしています。

「エネルギーを消費するための運動」から卒業しましょう。
仕事をしながら、身体が調っていきます。

 

#ダイエット #エネルギー消費 #運動不足 #健康経営

 

 

コメント