貰うだけの仕事の仕方はメタボ体質となる

健康経営

メタボというと、内臓脂肪が多いということがベースとなっています。
余計なものまで、ため込んでしまっているのです。

そうするとそれが代謝を悪くして、血流が滞り、
数々の生活習慣病を引き起こしてしまいます。

仕事の面でも、メタボ体質になってはいないでしょうか。
教えて貰う、やって貰うというように、貰うだけの仕事の仕方になってないでしょうか。

貰っているだけでは、メタボの内臓脂肪がたまると同じように、
循環ができない状態となります。

何が大事かというと、与えるという立場です。
世の中に与えようとする仕事の仕方が大切です。

裏返すと、それはやらせていただくという気持ちを持つことになります。
そのように、どんどん与えて、やらせていただくという仕事をしていくと、

余計な我はなくなります。
滞りがなく、流れが良くなります。

その結果、与えるという仕事の仕方はメタボ対策にも繋がります。

 

 

#メタボ体質 #働き方 #メタボ対策

 

 

コメント