5月病でうつ症状の社員を出さない為の大事なこと

健康経営

新入社員研修まっただ中です。
新入社員も希望と夢を描いて入社されたことでしょう。

このわくわくした気持ちが5月になると薄れてしまうことがあります。
それだけではなく、うつ症状の新入社員も出てくる場合があります。

たった1か月で変わってしまう原因は何でしょうか。
これは、新入社員にだけに理由があるのでしょうか。

5月病が悪いという訳ではありません。
もしかしたら、5月病になることで気付きを得ることがあるかもしれないです。

ですが、できるだけ5月病にはならずに、入社の当時の気持ちを持続していただきたいものです。
新入社員だけではなく、一般社員も5月病でうつ症状を出さないための大事なことがあります。

新入社員の場合

4月に希望と夢に燃えて入社されたことと思います。
こんな会社に違いない、自分はここでこれをしていきたい、などイメージをふくらまして入社されたことでしょう。

それが期待どおりでない場合が生じます。
人生なかなか、思った通りに行かないものです。

このように、この先もいろんな頭を悩ませることが出てくることでしょう。
右を選んだ方が良いか、左を選んだ方が良いか。

右を選んだから正しかったと思っても、
長い目で見れば、そういう訳ではなかったりします。

左を選んで、間違ったと思っても、後になってみてよかった。
こういうこともあります。

期待通りではなかった。
と落胆するのではなく、状況は変わっていきます。

今の状態を客観的に捉える習慣をつけましょう。
このような考え方も心の健康法の1つです。

一般社員の場合

新入社員がなじめなかった会社の体質に改善するところはないでしょうか。
夢と現実は違うんだ!

と言われてしまえばそうかもしれませんが、
たとえば、売り上げばかりが先行していないでしょうか。

会社の理念が雲のようなものとなっていないでしょうか。
理念を復唱したとしても、現実が違いすぎている。ということはないでしょうか。

5月病になる社員が出ないいように、もう一度今の環境をより良いものに見直しする必要があります。

新入社員、一般社員両者が心がけることで、予防も可能です。
5月病の予防に向かうことによって新入社員も一般社員も一歩前進できるチャンスです。

その為にも、心と身体を強くするからだ作りが必要となります。

#5月病予防 #心と身体を強くする

 

コメント