「令和」に発展するための新しい形の新入社員研修スタート!

武道的な身体の使い方で顧客の必要なことに自然と合わせる

動き方

本来の武道を学んでいるので、仕事中の相手の方の姿勢がとても気になります。
また、相手の調子が悪いと、こちらにも伝わってきます。

私たちは、協調して生きているのだと思います。
仕事においてはお客さんの求めていることをよく聞くことも必要です。

ですが、言葉で聞かなくても感じることもできます。
その為には、正中線を作っておくことが大事です。

例えば、撮影の前に、メークの方にメークをしてもらうとしましょう。
撮影するんだからその為にメークをする。

いつもより、綺麗に見えるように、一般的なことをする。
そのようにメークを仕上げる方もいらっしゃるでしょう。

また、お客さんがどういう風な仕上がりを望んでいて、
その先にどのような未来をイメージされているか。

と聞くこともできます。
ですが、武道的な身体の使い方で調っていると、聞かなくても自然と相手が望むことが分かるようになってきます。また自然とそう動いています。

お客さんの必要なことに、自然と合わせられるようになります。
武道の戦い方は、相手と自分を含んだ一人芝居なんです。

そのように、自分の身体を調えながら仕事をすると楽しくなりますね。
最低限、気を付けたいことは姿勢です。

健診数値がよくなったり、健康面だけではなく、
仕事上も、武道的な姿勢は充分に役に立ちます。

コメント