今年こそメタボ&生活習慣病から卒業しませんんか?

ずっと変わらないからと、
諦めないでくださいね。
内臓脂肪はつきやすけれども落ちやすいです。
やり方を少し変えるだけで
短期間での改善も充分可能です!

20年に亘り、全国170か所以上の自治体、健保、企業などで、
健康の講演、個別指導をしてきた結果、

お腹スッキリは難しいと思っていませんか?
頑張らずに日常生活の中で、
短期間で
変身できます。

 

こんなことで悩んでいませんか?

頑張ることが逆効果になることも。

健康診断で肥満気味と言われると
まずは筋トレとウォーキングで
筋力体力を付けなければ!
と思う人も多いことでしょう。

また、食べ過ぎないように、
食事を制限しなければならない。
ということで、

頑張ることになります。

この根底には、

お腹ぽっちゃり、肥満の方は、
摂取エネルギーに対して消費エネルギーが劣るから、
燃焼させることが大事という考えがあります。

こちらで、よい結果の出る方もいらっしゃいます。
しかし、継続できない、良い結果が出ない楽しくない
若い時は良かったけれども、
50歳過ぎていたら、ストレスを感じる。
そういう方は、
身体が喜んでいないのです。

50歳過ぎたら新陳代謝も落ちてくいので、
燃焼させるとなると、
もっと頑張らなければならない。
ということになってしまいます。

ですが、
頑張らないということは、
怠けるということではありません。

今まで生きてきた経験を活かせば、
賢く素敵に
お腹スッキリ健康増進できます。

頑張らずに楽々健康づくり「うなじ健康法」

うなじ健康法から得られること

✅頑張って量をたくさん行うのではなくて、質をよくしてお腹すっきり、楽しく健康になれる。
✅特別なことではなくいつでもどこでも、日常生活の中で健康になれる。
✅食べ物を制限するのではなく、美味しくいただいて、健康増進のスピードを加速させる
✅年齢と症状に合わせたオーダーメイドレッスンで短期間で変われる。
✅お腹スッキリ、あなたらしさが開花する健康づくり。


うなじ健康法は、東洋医学と本来の武道の考えを取り入れています。

「一を知るとすべてに繋がる」
いろんな自分らしさが見えてきます。

お腹スッキリ健康増進から、素敵な未来へと向かっていきましょう。

お客様から喜びの声を頂いております。

✅座ってできることで、足のむくみが取れ、ウェストが8㎝小さくなった。(60代女性)
✅来月からインシュリンを打つ予定だったが、打たなくてよくなった。(50代女性)
✅夫婦で人生が好転しました。(60代女性)
✅年齢に合わせたやり方を教えてもらい、気持ちが楽になった。(50代女性)
✅仕事をしながら、お腹スッキリになれた。(40代女性)
✅スーツを買い替えることになったけれども嬉しい。(40代男性)

個別相談

今年こそ、健康を手に入れたいあなたに!
「うなじ健康法」個別相談を行います。
60分、特別価格4500円(税込み)通常33,000円。

個別相談ではこのようなことが相談&体験できます。

①うなじ姿勢を自分で簡単にチェックする方法を知る。
②①でチェックした姿勢から正しい姿勢を体験
③ご自身の気になる健康診断の数値や、膝痛や腰痛など、お悩みの原因をチェック
④自分の体質を知って、自分に合った、解決方法を知る。
⑤プレゼントの本を見ながら、取り入れた方が良いプログラムを見て体験。
⑥その他、健康に関する質問をお受けします。
(アレルギー体質、腰痛等、何でも気になることがございましたら、お気軽にご相談ください)
薬だけに頼らない薬剤師

プロフィール

長島 寿恵 メタボ&健康増進の専門家
東京薬科大学薬学部卒業 健康増進アドバイザー
薬剤師の経験に、東洋医学と日本の武道を取り入れた、姿勢から始める健康増進で、日本を元気にするという想いで、健康の講演や個別指導などを行う。
実家は薬局と整体の治療院をしていたこともあり、幼いころから、勉強より姿勢が大事!と言われて育つ。整体の要素を取り入れた、家族体操も現在の活動に役立っている。
薬科大学に入学したものの、薬の勉強よりも、薬の世話にならずとも健康でいられることに興味を持つようになり、学業の傍ら当時日本にはいってきたばかりのエアロビクスのインストラクターになる。

大学卒業後は、薬局に勤務しながら、並行してエアロビクスのインストラクターを行い、充実な日々を過ごしていた。しかし、薬局では待合室でたくさんの薬をじっと待つお客様の対応、一方、インストラクターとしてハツラツとした受講者への運動指導、この両極端な2つの仕事に矛盾を感じるようになり、薬局を退社。

それからは、「薬だけに頼らない健康な自分づくり」のため、もっとよい方法はないだろうか?と多くの運動療法、食事療法を学びながら模索し続ける。その中で、東洋医学と日本の武道に辿り着く。この2つを掛け合わせることで、自然治癒力や精神性を高め、「薬だけに頼らない健康な自分づくり」の土台となる、健康メソッドが誕生。

武道は、居合を10年学び、四段を取得したのち、宮本武蔵の身体の使い方を忠実に取り入れた空手を学んで、11年目となる。ここで、うなじ姿勢の大切さを感じる。

2008年、国民健康保険の管轄で、メタボ対策事業がスタートした頃、お腹スッキリ、健診数値が改善するための、健診数値の見方や改善方法をお伝えする講演や体操指導の仕事をスタート。この健康メソッドをお伝えする機会に恵まれ、それから現在まで、全国170か所以上の自治体、企業、健保などに講演に伺い、20年以上が経ち、参加者は8万人を超える。

「簡単で誰でもできて効果があること」をお伝えし、実践してくださった方からは、お腹スッキリだけではなく、中性脂肪や、コレステロール、血圧、血糖値など、健診数値が、短期間で改善したというご報告や、もうよくならないと諦めていた膝や腰の痛みが楽になったり、仕事や将来に不安があって気持ちが落ち込んでいた方が健康になり、やる気も出てきたり、と嬉しい声を頂戴する。

また、自ら「生活習慣病のうた」を作詞作曲。歌に合わせた体操が好評。その後、数々の健康ソングを作り、シンガーソングライターとしても活動する。

こうした活動の中でうまれた健康増進への1つのアプローチ法が、「うなじ姿勢から始める健康習慣」。これは姿勢は健康づくりの第一歩、形から入ることで、「心身一如」というように無理なく心身の健康づくりができるということから考案する。いろんな年代に合わせて、姿勢が良く、イキイキ輝いて、それぞれの良さを発揮している人を「うなーじ―®」と命名。

今後は、「うなじ姿勢から始める健康習慣」を、学校や職場などにもどんどん広げて、うなーじ―を増やしていく。子供は姿勢を良くすることで、脳が活性化し、内臓の働きが良くなり、疲れにくく集中力や根気が出てくるため、学力アップにスポーツ力アップに繋がり、大人は生活習慣病予防、高齢者は介護予防に認知症予防に繋がる健康づくりとなる。そして、健康な心身を原動力に、それぞれの力を発揮して、想いを実現し、よりよい社会になることを祝い悦ぶ、「ことほぎ健康ライフ」の普及に全力を注ぐ。


著書:「薬に頼らず コレステロール・中性脂肪を下げる方法」(アチーブメント出版)
「血圧を下げる生き方」(笠倉出版) 「薬だけに頼らず血圧を下げる!1日1分 降圧これだけポーズ」(PHP研究所)